去年の6月末のとても暑い日でした。

子猫のミャーミャーという鳴き声を耳にしました。

鳴き声をたどっていくと子猫がいました。

母猫はいなかったので保護しました。

とりあえず段ボールを用意してその中に入れました。

 

不安そうですね?

 

とても小さかったので子猫用のミルクを買ってきて

2時間おきにあげました。

 

 

生後何週間か?の見分け方

保護した子猫の大きさによってお世話の仕方が違います。

何週令か知っておくのは大切です。

生まれたて

体重100グラム前後
目は開いていません。
へその緒がついています。
まだ歩けません。

母乳を飲む時期なので母猫がいないときは
子猫用ミルクを与えます。

生後1週間

 

200グラム前後
目が少し開きます。
耳が横になっています。
よちよち動く程度です。
母乳(子猫用ミルク)を飲みます。

 

生後3週間

 

 

350グラム前後
乳歯が生えてきます。
母乳(子猫用ミルク)を飲みます。
お皿から柔らかいフード、パウチなどを食べ始めます。
よちよち歩きをはじめます。

 

生後4週間

 

400グラム前後
お皿から柔らかいフード、パウチなどを食べ始めます。
自分でお水も飲み始めます。
トイレを覚えさせます。
いろいろなものを噛み出す頃なので気をつける。

 

 

生後1ヶ月~

 

450グラム前後

耳はだいぶ猫らしくなります。
元気に動く頃です。
小さいカリカリを食べらるようになります。
お水も飲みます。
自分でトイレが出来ます。
高いところに登るようになります。

まだ動物病院に行っていないなら、必ず行きましょう。

便検査をしてもらいましょう。

生後6週(1ヶ月半)以降はワクチンも接種できます。

 

生後2ヶ月~

 

550~750グラム前後
目の色が分かり始めます。
ドライフードを食べられます。水も飲み、トイレも出来ます。
離乳食を卒業したら、里親さんへの譲渡も可能になります。

生後3ヶ月

1キロ~1キロ~
このころから1歳になるまでは、とにかく活発です。
家じゅう走り回ったり、物を倒したり壊したりするようになります。
身体がどんどん大きくなります。
顔つきが大人になっていきます。
写真・動画をたくさん撮っておきましょう!
2回目のワクチンも終了している頃です。
次のワクチンからは毎年1年ごとになります。

猫種や体格によりかなり差がありますが
1年になると体重は3~6kgになります。

すべての猫たちがいつまでも元気で幸せでありますように願います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA