子猫を保護したけど費用はどのぐらいかかる?

 

 

もしあなたが、道端で生まれて間もない不安そうに
体を寄せ合っている子猫を見つけたらどうしますか?

いくら探しても母猫の姿は見当たらなかったら
あなたはどうするでしょうか?

野良猫を見つけたとき、そのまま飼うとしたら、
まずは何をやるべきなのでしょうか。

猫のためだけでなく、自分のためにもやらなければならないこと
はたくさんあります。

 

野良猫過酷な状況にいたことで十分な食事がとれていなかったり、
衰弱していることも多いものです。

獣医さんに診てもらうことで猫の健康状態を把握できますし
感染症にかかっていないかノミやダニがついていないかなど、

健康状態をチェックしてもらうために、
保護した子猫はすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

すでに猫を飼っている場合は先住猫への感染を防ぐこともできます。
感染症は人にうつるものもあるので要注意です。

保護した猫の健康状態を把握することは、その後の世話に役立ちます。

 

保護したあとはすぐに病院へ連れて行く、その費用は?

 

動物病院に連れて行ったら猫の健康状態を把握するために
感染症の検査や予防接種をしてもらいます。

予防接種の費用は4,000~6,000円程度。
ノミダニの駆除に2,000円程度、
検査などに5,000円~10,000円
初診料が1,000~3,000円程度かかります。

やや費用は嵩みますが、初めにしっかりと検査をすることで
猫にも飼い主さんにも安心な状態をつくることができます。

動物病院でかかる費用のは、5,000円~15,000円といわれています。
受診する動物病院の料金体系によって異なるので、
事前に受診予定の病院へ問い合わせておくと安心です。

動物病院たくさんあるので、悩みますよね。
評判の良い動物病院は、混んでいるし、電話応対も良いものです。

電話で問い合わせて、酷い応対をする動物病院は
絶対にやめておいた方がいいです。

初診料、再診料、ワクチン料金等は動物病院で違ってくるので
電話で問い合わせると、きちんと説明してくれるはずです。

 

 

良い動物病院の見つけ方

 

動物病院に連れていくとき気になるのは
その動物病院の評判と料金だと思います。

ネットで口コミを検索するのも良いかもしれませんが
ご自分で電話をかけて電話対応の良しあし
判断することをお勧めしたいと思います。

大体どこの病院も、午前午後で分けて診察していますから、
診察が始まる前に電話をしてみます。

人間の病院でも同じことだと思いますが、
病院の受付の態度はそのまま病院の評判に出ますから
状況を伝えて受付の対応が良い動物病院を選びましょう。

今後病気になった時や避妊去勢手術などお世話になるかもしれない病院です。

院長先生に診てもらえるとは限りませんし院長が主に見るところもあります。
技術がたしかとか、頼りがいがあるとか、清潔とか、スタッフの感じがいいとか、

医師と飼い主の相性もあるし、猫と医師との相性もあります。

「絶対に大丈夫」と言えるものはないと思います。
これから何年も通うところですので、ご自身が納得できるところを
選ぶのは大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA