野良猫の冬の過ごし方と私たちが野良猫のためにできる事

野良猫たちは厳しい環境の中で暮らしていかなければなりません。

それも親切な飼い主さんに出会わない限り一生ご飯を探して、
ねぐらを確保して生きていかなければなりません。

気になるのが気温が低くなる冬の季節は、寒くないんだろうか?
どうやって寝ているんだろうか?という事です。

そこで「冬」の季節の野良猫の居場所や行動パターン、
野良猫のために私たちができる事ついてお伝えしたいと思います。

 

体を丸くする

熱が逃げるのを防ぐため、体を丸めて空気にあたる面を減らします。

毛を逆立て、カラダを膨らませる
毛を逆立てて被毛の間に空気の層を作り、体温が奪われないようにします。

カラダを震わせる
寒さを感じたとき体をブルブルと震わせるのは、筋肉を収縮させ熱を生み出す行動です。

 

暖かい場所に移動する

一番多い行動は、暖かい場所へ移動することです。
しかし、屋外で暖をとれる場所はそう多くありません。野良猫はどのような所で過ごしているのでしょうか?

 

野良猫の居場所

・エアコンの室外機のそば
稼働しているエアコンや給湯器の室外機は、暖かい空気を吐き出します。
外にいる野良猫にとってヒーター代わりになります。

・ビルのボイラーや温水ポンプのそば
こちらも同じように、稼働していると排熱が出ます。
その熱で暖を取るために、野良猫はビルの地下へ行くことがあります。

 

・車のボンネットや下

エンジンを切ったばかりの車周りは暖かく、ボンネットや車の下はホットカーペットのように野良猫の体を温めます。

 

・地下駐車場や倉庫のそば

雨風をしのぐなら倉庫のそばや地下駐車場は格好の場所です。
特に車の出入りがある地下駐車場は、暖まることができるので、野良猫が集まりやすい場所です。

 

・飲食店の近く

エアコンの室外機やボイラーの排熱で暖が取れ、美味しそうなニオイにつられてやってきます。
営業終了後に出されたゴミで食事をすることもあります。

野良猫は私たちが考える以上に、多くの知恵を持ちたくましく生きています。
天気のいい昼間は、日当たりがいいところで過ごし、夜になるとたくさんの猫が寄り添い、
お互いに温め合うことも。その状態は「猫団子」とよばれ、体温の低下を防ぐのに有効な姿なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA